オープン
キャンパス
資料
請求
文字サイズ
標準 大きく

092-271-2942

月〜金 9:00~18:00 土・日・祝 9:00~16:00

【スポーツコース】テーピングをマスターしよう!

  • NEW
  • 学校案内

【スポーツコース】テーピングをマスターしよう!

こんにちは。
今週のNEWSはスポーツ学科の秋元が担当します。

大原学園のスポーツ学科では、スポーツトレーナーやフィットネスインストラクターを目指して、様々な知識や技術を身につけていきます。
そこで本日は、スポーツ学科の学生たちが普段どのような授業を受けているのかを少しだけ紹介したいと思います。

本日紹介する授業は、「テーピング」です。
特定の競技種目において、テーピングはスポーツトレーナーの必須スキルとなります。
特にアメリカンフットボールやラグビーなど身体接触を伴うコンタクトスポーツでは、テーピングを巻くことがトレーナーの重要な役割の一つとなります。

さて、テーピングの技術についてですが、一見すると簡単そうに見えますよね。
しかし、実はとても高度な専門知識と手先の器用さが求められます。
テーピングは単に患部のまわりをぐるぐると巻いているのではなく、身体の中でダメージを受けている靭帯や筋肉、腱の代わりとなって関節をサポートしています。
つまりテーピングを巻くトレーナーは、身体の中にどのような靭帯があり、どのように関節を支えているのかについて理解していなければなりません。

ただし、テーピングを直接骨に貼ることはできませんので、関節を3次元的にとらえ、皮膚の上から関節を固定していくことになります。
このとき、関節が全く動かせなくなるぐらい固めてしまうと、選手の動作を妨げてしまうので、できるだけ必要最低限の範囲で関節の可動範囲を制限しなければなりません。

このようにテーピングは簡単そうに見えて、実は奥が深く難しい技術です。この技術を身につけるために最適な手段は、たくさん練習をすることです。
福岡校では、テーピングの授業で練習を重ねることはもちろん、希望者にはトレーナー実習として実際に社会人ラグビーチームへの帯同ができるような制度があります。
それは現場で経験を積むことが、最も学生を成長させると考えているからです。
今、授業を受けている学生たちも卒業するころには目覚ましい成長を遂げていることでしょう。

ここで身につけた知識や技術を活かして、就職先で大いに活躍してくれることを願っています!!

一覧へ戻る

  • オープンキャンパス
  • セミナー・講習会日程一覧
  • 資料請求